ロングドレスの着こなし方は盛り沢山です|曲線美を目指そう

体型カバーのコツ

ウーマン

キャバ嬢と言えば、スタイルが抜群で綺麗なお化粧とヘアーアレンジできらびやかに働く、そのようなイメージをもつ方も多いでしょう。実際に美をウリに、接客業をこなす必要がある職業なので、それなりに身なりを整えておく必要があります。ですが、全てキャバ嬢がスタイルに自信があるというわけでもありません。そのような方は、コンプレックスをうまくカバーして、ドレスを綺麗に見せるコツというものを把握しているのです。

ふくかよかキャバ嬢の方は、全体のボリューム感を引き締めて、体にメリハリがうまれるようなドレスの着こなしをマスターしましょう。セパレートタイプのドレスなら、ウエスト部分も引き締まって見えますし、スカート丈を工夫すると脚長効果が期待できます。トップスは二の腕の太さがカバーできる、袖つきのタイプを選んでおきましょう。袖が無い場合は、ショールやボレロを羽織ってコーディネートしてみても可愛らしくなります。また、Aラインのロングドレスも縦のラインが強調されるので、着やせ効果が期待できます。ウエスト部分にドレープがあればウエストの太さをカバーすることができます。

全体的にスレンダーなキャバ嬢の方は、ホルターネックで胸元のボリューム感をカバーしましょう。紐を調整して、貧相なイメージにならないように工夫して、全体のバランスを整えましょう。視線を胸元から足元、または背中や腕にいくように、少し露出度を高くしてみても効果的でしょう。胸元のボリュームはパットを使用してカバーするのでさほど問題ではありません。

Copyright © 2016 ロングドレスの着こなし方は盛り沢山です|曲線美を目指そう All Rights Reserved.